HOME

実験用繁殖・育成カニクイザルの販売提供のご案内

GMJは、中国最大の霊長類実験動物繁殖研究基地である海南金港生物技朮股份有限公司の日本向け輸入総販売代理店です。
実験用の繁殖・育成カニクイザルを販売しています。

繁殖・育成施設紹介

施設全景
繁殖棟
カニクイザル

2003年 中国海南省海口市に設立
2009年4月 農林水産省より日本向け輸出検疫指定施設許可取得

日本(成田,関空)から飛行機で約4時間
敷地面積:約24万㎡(約7万3千坪)


輸出までの工程

出生

(基本的に)検疫期間

一般検査等は実施せず母親サルによる育成に任せる

離乳

離乳棟での育成管理

1ケージ当たり10頭飼育、空調の管理 棟内中央区にて1日1回の日光浴

一次検疫

第一次検査項目

体内・体外寄生虫、TB、赤痢菌、サルモネラ菌、BV、STLV、SIV、SRV、MEASLES
検査後育成棟に移動

二次検疫

第二次検査項目

体内・体外寄生虫、TB、赤痢菌、サルモネラ菌、BV、STLV、SIV、SRV、MEASLES
以後、6ヶ月ごとに検査を実施

出荷前検疫

出荷前検査項目

出荷前検疫棟に移動
上記検査項目を2回実施
(但しTBのみは3回以上実施)

検査写真
検査写真
検査写真

出荷前検査項目

項目名検査方法
一般臨床症状、体重 
(体内・体外)寄生虫 
結核(TB)、赤痢、サルモネラ 
BV、STLV、SIV、SRV、MEASLES、Filo、SVVVRL社製キット

BV:サルBウイルス、STLV:サルT細胞白血病ウイルス、SIV:サルエイズウイルス、SRV:サルレトロウイルス、MEASLES:麻疹、Filo:フィロウイルス、SVV:サル水痘ウイルス

動物輸送経路

中国海南から日本のユーザーまでの輸送経路図

販売提供への優位性

受託試験での経験をふまえた 健康で高品質な動物を選別提供

多様なニーズに対応可能な 多様年齢のカニクイザルを提供

価格での優位性

ブリーダー施設内で 自社研究員による検疫チェック

お問い合わせ

実験用カニクイザルの販売提供については、下記フォームもしくは電話・FAXにてお問い合わせください。

電話・FAXでのお問い合わせの場合
TEL.080-1466-8561 FAX. 0297-45-7535
このページのTOPへ

Copyright (C) GMJ All rights reserved.